アコムマスターカード審査は、アルバイトの収入でもOK!

 アコムって学生でもパートでも、とりあえず収入があればキャッシングが可能なんですよね。

 アコムでは、キャッシング機能だけじゃなく、クレジット機能までついたカードだって作れるそうです。
それがアコムのクレジットカード、アコムマスターカードです。このカードは一見、普通のマスターカードにしか見えないから、人目を気にせず利用できるのも人気のヒミツ。

 アコムマスターカード学生にもすごく人気があるそうです。
アルバイトなどで収入があればすぐにアコムマスターカード学生でも作れちゃうんだとか。アコムマスターカードのいいところは、他でクレジットカードが作れない人でも可能性があるところです。審査も最短30分くらいで即日発行可能だから、社会人だけじゃなく、アコムマスターカード学生や主婦でも作ってる人が多いとか。

 アコムマスターカードは入会金もかからないし、年会費などのムダな費用もかからないから安心なんです。
アコムマスターカード学生で初めてカードを作ろうと思ってる人にも最適かも。海外でももちろん利用可能だし、金利も低めだからムリなく返済できるというのもアコムマスターカードのメリット。クレジットカード審査に通過しにくい、学生やフリーター、自営業の人でも、アコムマスターカードなら審査に落ちる心配はほとんどないので、気軽に申し込めますね。
アコムマスターカード審査は、パソコンからでもOKだから、思いついたらすぐに申し込むこともできちゃいます。

 アコムマスターカードが1枚あれば、キャッシングもクレジットも気軽に利用できるので、すごく生活が便利になるんじゃないかな。必要な時に、ある程度お金の融通がきくっていうのは、安心感があっていいですよね。
アコムマスターカードは基本リボ払いになっていますが、20日までの利用分を翌月の6日までに支払った場合には手数料もかからず、普通のクレジットカードの1回払いと同じになるそうです。
ショッピングで便利に使えるアコムマスターカードがあれば、給料日にならないとお金が入らない・・という不便さからも解放されます。
海外でも便利に使えるアコムマスターカードは、カードが作りたくても作りにくい学生や主婦にはもってこいのクレジットカードなんじゃないかな。
申し込みから発行まであっという間だから、欲しいものがあれば、すぐにカードが作れてすぐにカードで買物ができちゃうのも魅力です。

アコムマスターカードの申し込み審査情報

みなさんがアコムマスターカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入を確認しているのでしょうか。

実は審査の時にチェックしているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を調べる方法がないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報を分析しているのかというと年収もこのくらいだろうという予測データを過去の申込者から作り、年収も同じくらいだろうというデータから予測し、そのため、よほどの乖離がなければ本人申告された年収で評価が行われます。

そのため、よほど怪しくなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きく、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

買い物をするときに便利なアコムマスターカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問をする人をよく見かけます。

結果から言うと審査なしでカード発行はできません。

申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

なぜかというとカードを発行する企業からすると支払いを建て替えたけどお金が返ってこないということを避けたいからです。

なので申し込みが入ると年収などを見ていくらまで貸せるか、以前、返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人にありがちなのが携帯料金の未払いです。

うっかり払い忘れるということがないように気をつけましょう。

ここ数年、イベントのチケットなどが電子チケット化し始め、アコムマスターカードが必要な場面も増えてきました。

現在、クレカを持っている方はいいのですが持っていない場合はカード会社に申し込んで作らなければいけません。

初めてカードを作る場合、気になるのが審査がどうなっているのか、厳しいのかということです。

主な審査ポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と金融業界でクレジットヒストリーと呼ばれる信用情報です。

収入面は年収などから返済能力がどのくらいあるのか、信用情報は滞納せずに返済してもらえるのかを見ています。

アコムマスターカードの申し込みについて周りの人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた経験のある人とない人がいます。

中には、カードを作る際に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、電話が絶対かかってこないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を探すしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴としては、スピード審査を売り文句にしている会社です。

スピード審査の場合、すべての申込者に対して、人の力だけで全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、連絡が来る可能性が少ないと言われています。

買い物をしようと思っても現金の持ち合わせがないときやネットショッピングなど利用する場面のどんどん増えてきているアコムマスターカードですが学生や新社会人の方などはまだ所持していないことがあります。

参考:アコムマスターカードは学生でも作れる?審査は厳しい?【収入は?】

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが活用されることも増え、クレカ払いのみ可能なんていうこともあります。

そんな時に、クレカを所持していない方は諦めてしまうこともありますが即日審査・即日発行できるカードもあるんです。

主に、イオンカードや消費者金融系のカード会社です。

その際の手順としてはWEB申し込みをして結果が通知されます。

審査に通っていれば店頭でその日のうちに受け取れます。

高額な買い物をする際やネットショッピングなどでアコムマスターカードは便利ですがカード会社に申し込みをして審査に通らないと発行されません。

審査で大切なのは安定した収入があるかと信用情報です。

学生時代にはあまり聞かない信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどの記録です。

そのため、ローンの返済期限や公共料金の支払いなどはきっちり払うことは大切です。

最近、増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れをするだけでなく、引き落とし日に口座に入っていなかったということもあるので注意しましょう。

最近ではアコムマスターカード払い限定のチケット販売があるのでクレカが必要になり申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる原因として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンの返済を滞納してしまった、公共料金の支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものは期日通りに払えていないとクレカを発行した後に使った際に引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあると思われてしまうからです。

また、ここ最近で増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人は金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

最近では、電子チケットの利用やネットショッピングなど様々な場面で利用するアコムマスターカードですが、申し込みをするのに審査に必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必ず必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社によっては住民基本台帳カードなども本人確認書類として認められることもあります。

他には、利用料金の引き落とし先として使う銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所は必要になります。

口座情報などを入力する際に間違えてしまうと入力ミスでも虚偽申請と取られることがあります。

ローンやアコムマスターカードの申し込み時に重要なことって何かわかりますか?年収と答える人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの申込者の属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらの要素は審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入はいくらまで利用できるかや毎月の返済額がいくらまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も正社員なら安定した収入が見込める、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は他のローンの支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いをする人かを見ています。

就職をして社会人になった際のアドバイスでできるだけ早く用意したいものとしてアコムマスターカードを挙げる人が多いと聞きます。

大学生のうちに持っておくべきという人もいるくらいです。

どうしてかというと、早いうちからクレカ決済を利用してクレジットヒストリーが出来上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む場合の審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くと信用情報が悪くなり、ローンなどを組む際にマイナスに作用します。

クレカの支払いだけでなく公共料金や携帯料金の払い忘れもクレヒスに影響があります